工場紹介

株式会社ユニシス 北海道工場

株式会社ユニシス 北海道工場
北海道工場は、2011年3月に発生した東日本大震災を契機に、事業継続計画(BCP)の一貫とし、生産拠点のリスク分散、ユニシスのマザーファクトリーである埼玉工場を補完する事を目的として設立されました。
埼玉工場が自然災害などにより被災した場合に、再建まで製品供給を維持する為に針の研削から組立までの一貫生産が可能な設備を擁しています。
その為に、各種製造設備、検査設備、クリーンルーム、医療製造の為に必要な防虫管理システムなど埼玉工場と同等の設備を導入しています。
  • 〒061-1281 北海道北広島市輪厚工業団地1-2-8
  • TEL:011-370-5021/FAX:011-370-5022

アクセス 地図 工業団地区割り図 D-7

北海道工場 プロフィール

工場施設概要
鉄骨造3階建て(敷地面積 約1,700㎡)
1Fカヌラ製造エリア(約320㎡)
2Fクリーンルーム(クラス10,000、約155㎡)、検査測定室/事務室/会議室(約210㎡)
3F食堂/打合せスペース(約260㎡)
主要設備
・精密平面研削盤 ・研磨装置 ・切断装置
・真空超音波洗浄機 ・その他各種装置

主要設備概要
・イカリ防虫システム ・ユーテック廃水処理設備 ・シムコ静電防止装置(クリーンルーム内空間除電) ・ピーエスパネルヒーター
・万能投影機 ・純水製造装置 ・テレビ会議システム 他